MENU

交通事故示談は自分で進めるよりも弁護士に依頼をすべき

交通事故の被害者側の話となりますが、交通事故の被害に遭ってしまった後の示談交渉に関しては、自分自身で進めるのはあまり得策ではありません。自身で示談を進めると思うような賠償額が得られない場合があったり、怪我の治療が長引いたとしても治療費の支払いが打ち切られるなどの場合があるためです。

 

多くは保険会社を相手にする示談交渉においては、何よりも知識と情報が必要となります。正しく賠償額を算出するために知識は必要不可欠で、また、被害者と加害者側を明確にするための過失割合を出すための情報も必要となります。両方がしっかりと揃って初めて保険会社を相手に不利無く示談が進められるようになるので、被害者側が個人で保険会社と示談を進めるのは難しいと言わざるを得ないのです。

 

それを知らずに保険会社と個人で示談を進めてしまうと、保険会社にばっかり有利になる条件での示談となってしまう場合があります。その結果、本来の受け取れるはずだった金額から遥かに少ない額での賠償額となることもあり、交通事故の被害者が損をしてしまうのです。

 

不運にも被害にあってしまった上に受け取れる賠償額も本来の金額よりも少なくなるというのは避けるべきであり、そのためには交通事故示談の専門家とも言える弁護士に相談、そして示談の依頼を進めておくべきでもあります。最近では交通事故示談無料相談を受けてくれる弁護士も増えてきているので、交通事故の被害に遭ってしまった方はなるべく早めに相談をして解決に向けて進めてもらうと良いでしょう。